お店の努力と工夫を巡る!飲み歩きTicoTours!

サブページ画像

「ハーブ」を育てませんか

最近ではハーブに関する書籍などを扱う書店などでも、ハーブ関連の専門書を数多く見かけることがありますが、スーパーなどの食材売り場でも、フレッシュな生のハーブが手に入るような時代ともなりました。数多くの人々がハーブを好んで生活の中に取り入れている姿が反映されているのではないでしょうか。ヨーロッパ地方のお料理には欠かすことのできないハーブのでありますが、18世紀のイギリスにおける産業革命の時代には、一旦人々の生活の中からハーブが一時期消え始めた期間があったそうです。当時、人々によって作られた人工的、科学的な製品が大量生産される中で、自然の恵みでもあるハーブの存在が人々の生活の中から薄らいでいった歴史があるようです。最近では、アロマテラピーなどとしても活用されるハーブでありますが、フレッシュなものを手に入れたい方は、ホームセンターなどで手に入る苗や種などを活用しながら、ご自身の手でご自宅で栽培することなども楽しみの一つとなるのではないでしょうか。または野菜などを栽培されている農園などで、コンパニオンプランツなどとしても活用することができるそうです。ハーブの特性や栽培される野菜とその天敵となる害虫との相性を探りつつ活用されることで、不要な農薬や化学肥料などを使わずともお野菜作りを楽しむことにつながるようです。ハーブはその独特な香りや風味が、お料理にも活用できますが、自然界の中でもその香りによって昆虫や虫を呼び寄せたり、害虫への防虫効果があったりもするようです。皆さんは最近生活の中でハーブをどのようにご利用されましたでしょうか、ハーブを使う際の厳しいルールなどはありませんが、その効能などをきちんと理解しながら活用されることでメンタルにもフィジカルへの良い影響をもたらせてもくれるでしょう。

2021-010-01/「ハーブ」を育てませんか

TOP